ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

ホレス・タプスコット特集 Horace Tapscott w/ The Pan-Afrikan Peoples Arkestra / Nimbus Records

最終更新日:2020-09-27

Horace Tapscott w/ The Pan-Afrikan Peoples Arkestra

ニューヨークのStrata East、セントルイスの Black Artist Group、デトロイトの Tribe、シカゴの AACM (The Association For The Advancement of Creative Musicians)、オークランドの Black Jazz と並び、ローカル・コミュニティに根差したブラック・ジャズ最重要レーベルのひとつとして今も語り継がれる、ロスアンゼルス発のニンバス Nimbus / Nimbus West レコード。このレーベルは、The Pan-Afrikan Peoples Arkestra (PAPA)、UGMAA (Union of God's Musicians & Artists Ascension) の創始者として知られるホレス・タプスコットの音楽家としての資質の高さに触れたトム・アルバック Tom Albach によって1979 年に設立されました。

ホレス・タプスコットは1934年生まれ、テキサス生まれのロス育ちというこの人物、1961年頃に自身のオーケストラである PAPA を結成。同時期には UGMAA を設立。ロスの様々な黒人芸術家を支えるコミュニティとして多くのアーティストを育成・輩出しました。しかし、不遇の時代は続き、60年代終わりには初リーダー作を発表するも、その後長らくは安定したミュージシャン活動ができず、それでも77年に休止していた PAPA を再結成し、音楽活動を続行。それがアルバニックとの出会いに繋がっていきます。そうして、タプスコットと PAPA の音楽を録音するために生まれたニンバス・レコードは、タプスコット及び UGMAA のメンバーの名作を発表していきます。現代ジャズの例えばカマシ・ワシントン Kamasi Washington らにも影響を与え続ける、その源流をアルバムで遡ってみましょう。

つづきを読む
@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

サン・ラーの名盤選とその大宇宙!The Discography of Cosmic Sun Ra

最終更新日:2020-09-25

Sun Ra

順不同です。随時追加更新中です。

つづきを読む
@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

初心者にもオススメなジャズ名盤・入門にも ランキング ベスト100選+α

最終更新日:2020-09-12

Miles Davis - Kind of Blue Session

順不同です。随時追加更新中です。

つづきを読む
@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

ルーカス・アルーダ Lucas Arruda - Onda Nova (2019)

Lucas Arruda - Onda Nova

ルーカス・アルーダ|オンダ・ノヴァ

Genre:ブラジル
Style:AOR、ライト & メロウ 、フュージョン
Release:2019
Label:Favorite Recordings

ブラジリアン・アーバン・メロウのルーカス・アルーダの1st「Sambadi (2013)」、2nd「Solar (2015)」に続く3rdアルバム。至福のAORアルバムとなっております。シンセとギターが超エロいです。

ジャケットがモロ、というかそのままベナード・アイグナー Benard Ighner の「Little Dreamer」で(マリーナ・ショウ Marlena Shaw「Who Is This Bitch, Anyway?」のプロデューサーで有名)、これってリスペクトにしろ、渡辺香津美や村上ポンタ秀一、深町純が参加している日本制作ってところがうれしいじゃないですか。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

シヴーカ Sivuca - Sivuca (1973) / Live At The Village Gate (1975) / Putte & Sivuca (1969)

Sivuca - s/t

シヴーカ|s/t

Genre:ブラジル
Style:ブラジリアン・フォーク、サンバ、MPB
Release:1973
Label:Vanguard
Charles Chappelear (b), Sadiq Shabazz (ds), Sivuca (key, g, accordion, per, vo), Angel Allende (per), Morris Goldberg (ss, as, cl, fl), Cindy Kimball (vo), Sue Cummins (vo)

ジャケットはどうみてもギターを持った仙人のようにしか見えませんが、この時シヴーカ御年43歳!二十歳くらいの時にこのアルバムに出会ったときはそのジャケットのインパクトに恐る恐る中身を聴いたものです。エルメート・パスコアルならぬ白髪の仙人か怪人にしか見えませんね。リリースはヴァンガード Vanguard ですし、ちょっとジョン・フェイヒィのような怖いもの見たさもありましたっけ。

シヴーカが日本の音楽ファンに浸透したきっかけは90年代に始まったフリー・ソウルのブームや、カフェ・ブーム、それにクラブー・シーンでの再評価が著しかったからです。本人の風貌はともかく、ギターとアコーディオンと歌を自由にブラジルのグルーヴの俎上で自由奔放に表現するシヴーカの音楽性は、広く日本のおしゃれ音楽ファンの間で受け入れられました。

シヴーカは1930年生まれ。本名はセヴィリーノ・ディアス・ジ・オリヴェイラといい(Sivuca という名前はどこから…)、幼少の頃からアコーディオンを弾きこなしたそうで、ジャケットの印象でギタリストと思い込みがちですが、基本的にはマルチ・プレイヤーですね。50年代の初レコード吹き込み以降、50年代末にはブラジルの音楽大使としてヨーロッパに出向いて、そのまま仏パリに移住。63年頃に、折からのボサ・ノヴァ・ブームに湧いていたニューヨークに移り、ハリー・ベラフォンテやミリアム・マケバ、オスカー・ブラウン JR. らのレギュラー・メンバーとして活躍。要は世界中を楽旅しながら生活して、フランスやスウェーデンなど、各地にリーダー作を残しました。これはそうして73年にヴァンガードからリリースされたセルフ・タイトルド・アルバム。

シヴーカの音楽性は、決して古びないフォークロアのような性質を持ちながら、ボサ・ノヴァのような落ち着きと大人っぽさ、そしてMPBの自由奔放さを持ち合わせた、現代のブラジル音楽シーンに繋がるものです。「Berimbau」からビル・ウィザーズ Bill Withers の「Ain't No Sunshine」を同一線状に並べて料理してしまう幅広い音楽性は、今後も世界の音楽に興味津々な音楽ファンの耳を納得させることでしょう。

Sivuca - Live At The Village Gate

シヴーカ|ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ゲイト

Genre:ブラジル
Style:ブラジリアン・フォーク、サンバ、MPB
Release:1975
Label:Vanguard
Mervin Bronson (b), Sadiq Shabazz (ds), Angel Allende (per), Sivuca (vo, g, accordion, p, per), Cindy Kimball (vo, per), Morris Goldberg (woodwind)

ヴァンガードからの2作目のリリースとなったのは、ニューヨークの名門ジャズ・クラブであるザ・ヴィレッジ・ゲイトでのライブ録音。

Sivuca - Putte Wickman & Sivuca

シヴーカ|プッテ・ウィックマン & シヴーカ

Genre:ブラジル
Style:ボサ・ノヴァ、サンバ、MPB
Recording:1969-1-27
Release:1982
Label:Four Leaf Clover Records
Sture Nordin (b), Putte Wickman (cl), Nils-Erik Slörner (ds), Sivuca (g, accordion, vo), Bengt Lindqvist (og)

コレは素晴らしい作品で、スウェーデンで録られたブラジリアン・フレーヴァー溢れるユーロ・ジャズという見方もできると思われます、シヴーカがユーロ・ジャズのカルテットに参加した、みたいな。それくらいプッテ・ウィックマンのクラリネットとベングト・リンドクヴィストのオルガンが素晴らしくて、そこにシヴーカが絡んでくるジャジーなテイストはもはや感動的なくらい。選曲も申し分なしで、シヴーカの最初の一枚はこれがオススメです。

プッテ・ウィックマンは日本ではあまり知られていませんが、スウェーデンのジャズ界では有名なクラリネット奏者で、1924年生まれなのでシヴーカより6歳くらい年上です。Sonet や Odeon といった北欧のレーベルから数多くリーダー作をリリースしていて、ベニー・グッドマン風のの音楽性~レニー・トリスターノにも通じる音楽性で40年代~60年代に活躍したジャズ・ミュージシャンです。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

アンブローズ・アキンムシーレ Ambrose Akinmusire - On The Tender Spot of Every Calloused Moment (2020)

Ambrose Akinmusire - On The Tender Spot of Every Calloused Moment

アンブローズ・アキンムシーレ|オンザ・テンダー・スポット・オブ・エヴリ・カラスト・モーメント

Genre:ジャズ
Style:コンテポラリー・ジャズ
Release:2020
Label:Blue Note
Harish Raghavan (b), Justin Brown (ds), Sam Harris (p), Ambrose Akinmusire (tp, ep), Genevieve Artadi (vo), Jesus Diaz (vo)

過去の作風に囚われないで、常に新しい作品を作り出すというのは物凄くパワーのいることだと思うし、そうして届いたものを味わって言語化するというのは、味わうまでは簡単ですが、いざ言語化しようとすると非常に難しかったりします。というのも、鑑賞というのは絶対的にそうだとは言わないまでもある程度までは比較という作業の上に成り立っている(と思う)ので、新しいものをポンと持ってこられると、比較の連鎖からなる連続性がブツんと切られてまた一から手探りで言葉を探しに行かなければならなかったりするのではないでしょうか。ただ、そういう作品は所謂面白いので、シーンに好意的に迎え入れられること多いようにも思えるので(現在は)、ここに届いたアンブローズ・アキンムシーレの新作もたぶんそういう類のアルバムでしょう。

アンブローズ・アキンムシーレは1982年に生まれ。若手~中堅では最先端のジャズを突っ走るトランペッター。ナイジェリア出身の父親とミシシッピ州出身の母親の間に生まれ、カリフォルニア州で育った、という来歴が、このジャケットともにこのタイミングで想起させるのは、Black Lives Matter 運動を筆頭とした、黒人の人種差別問題に対するアティテュード。

自分の声を使って黒人生活の複雑さを分析している

ただ、これは新たな試みではなくて、現代ジャズをはじめ黒人の芸術が常に孕んできた意識であって、アンブローズ・アキンムシーレも常にそういう意識を作品に込めてきたことは見逃せなくて、デビュー作「When The Heart Emerges Glistening」からそういう意識の発露は見られたわけでした。

すべての黒人の芸術には、同じメッセージが常にある。黒人は Black Lives Matter がムーヴメントや、スローガン、ハッシュタグになるずいぶん前から、我々の命が大切だと言い続けてきた。それは今後も決して変わらないだろう。

Ambrose Akinmusire - Origami Harvest

Ambrose Akinmusire - Origami Harvest

Genre:ジャズ
Style:コンテポラリー・ジャズ、ヒップ・ホップ
Release:2018
Label:Blue Note
Ambrose Akinmusire (tp), Sam Harris (p), MIVOS Quartet (st), Kool A.D. (vo), LMBRJCK T (vo), Michael Aalberg (key), Walter Smith III (ts)

2018年の衝撃「Origami Harvest」。アンブローズ・アキンムシーレの政治性がリリックを通して発露した、ジャズとポリティクスを巡る連綿たる潮流に新たなページを切り開いた超傑作。

アルバム・タイトルの Origami は黒人たち、特に男性は、その型に合うか否かに関係なく、さまざまな形で社会に屈しなければならない、ということを表しているんです。この曲を書いている時に息子が生まれて、こうして繰り返す生命の誕生の中で生まれるにものについて考えたんです。

Ambrose Akinmusire - A Rift In Decorum: Live At The Village Vanguard

Ambrose Akinmusire - A Rift In Decorum: Live At The Village Vanguard

Genre:ジャズ
Style:コンテポラリー・ジャズ
Release:2017
Label:Blue Note
Harish Raghavan (b), Justin Brown (ds), Sam Harris (p), Ambrose Akinmusire (tp)

最新作「On The Tender Spot of Every Calloused Moment」と同じ布陣でのヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

Joshua Redman, Brad Mehldau, Christian McBride & Brian Blade - RoundAgain (2020)

Joshua Redman, Brad Mehldau, Christian McBride & Brian Blade - RoundAgain

ジョシュア・レッドマン、ブラッド・メルドー、クリスチャン・マクブライド、ブライアン・ブレイド|ラウンドアゲイン

Genre:ジャズ
Style:コンテンポラリー・ジャズ
Recording:2019
Release:2020
Label:Nonesuch
Joshua Redman, Brad Mehldau, Christian McBride, Brian Blade

26年前の1994年「Moodswing」をリリースしたニューヨーク・ジャズ・シーンの昔は若手、今は大御所によるカルテットの2020年新作。全曲をレッドマンが書いた前作と異なり、今作ではそれぞれの曲を持ち寄っていて、レッドマン3曲、メルドー2曲、マクブライド1曲、ブレイド1曲の全7曲。それでも、アルバム中、ブラッド・メルドーの作品が光ってるか、と個人的には思います。

ちなみに昨年19年のグラミー賞にはマクブライド「Christian McBride's New Jawn」、レッドマン「Come What May」、メルドー「Finding Gabriel」がノミネート。最終的に受賞したのはブラッド・メルドーの傑作「Finding Gabriel」でしたが、その3人が揃っているだけでも確かにアヴェンジャーズっていう感じです。

肩に力を入れずにリラックスしているのが伝わってくるので、気軽に楽しめる作品に仕上がっています(と思います)。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

ジョエル・ロス Joel Ross - KingMaker (2019)

Joel Ross - KingMaker

ジョエル・ロス|キングメイカー

Genre:ジャズ
Style:コンテンポラリー・ジャズ
Release:2019
Label:Blue Note
Immanuel Wilkins (as), Benjamin Tiberio (b), Jeremy Dutton (ds), Jeremy Corren (p), Joel Ross (vib)

若手の現代ジャズ・プレイヤーとして超有望なジョエル・ロス(ヴィブラフォン)が、昨年ブルー・ノートからリリースしたリーダー第一作目。2019年度のジャズ・アルバムでは、個人的に3本の指に入るアルバムでした。とにかく楽曲・メロディが素晴らしく、しかもインタープレイの応酬も凄い。再生するたびに聴き入ってしまうこと間違いなし。大音量で聴くとド迫力、ボリュームを絞って聴くと良質のBGMになる稀有なアルバムではなかったでしょうか。

初めて聴いたときにはシカゴ音響派が活躍していた時代の音を思い出させたもので、ジョエル・ロスがシカゴ出身であることと何らかしらの関係があるのかと思ったり。アルバムの楽曲はジョエル・ロス本人のペンによるものが大半なのでさもありなん。

そんなジョエル・ロス、このアルバムをリリースする前に、すでに現代ジャズの名作群に参加しています。あのマカヤ・マクレイヴン Makaya McCraven の「Universal Beings」を筆頭に、ウォルター・スミス3世 Walter Smith III の「In Common」、ジェイムズ・フランシーズ James Francies の「Flight」、マーキス・ヒル Marquis Hillの「Modern Flows, Vol. 2」…今後の活躍がとても楽しみですね。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco