ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

4000番台この一枚 ピート・ラロカ Pete La Roca - Basra (1965)

Pete La Roca - Basra (1965)

ピート・ラロカ|バスラ

Genre:ジャズ
Style:モード・ジャズ
Recording:1965
Release:1965
Label:Blue Note
Joe Henderson (ts), Steve Kuhn (p), Sterve Swallow (b), Pete La Roca (ds)

リーダー・アルバムは僅かに2枚、このブルー・ノート盤とダグラスに残した「Turkish Women At The Bath」のみ。新主流派というものを兎に角聴きたかったときに出会った一枚で、ジョー・ヘンダーソンのプレイが、とか、スティーヴ・キューンのピアノがとかではなくて、全体像としてブルー・ノート4000番台でも屈指の名作ではないかと。

タイトル・トラックの「Basra」はジョー・ヘンのテナーが最高ですが(言ってるし)、冒頭の「Malaguena」とトラック 5「Lazy Afternoon」が白眉。後者はハービー・ハンコック「Maiden Voyage」ドン・レンデル=イアン・カー「Dusk Fire」に匹敵する閑さや岩にしみ入る蝉の声的なモード・ジャズの傑作。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco