ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

アーバン・和ジャズ・ファンク!今田勝トリオ - Green Caterpillar (1975)

今田勝トリオ - Green Caterpillar

Masaru Imada Trio +2 / Green Caterpillar

Genre:ジャズ
Style:和ジャズ、ジャズ・ファンク
Recording:1975
Release:1975
Label:Three Blind Mice
今田勝 (p), 福井五十雄 (b), 小原哲次郎 (ds), 渡辺香津美 (g), 今村祐司 (per)

今田勝トリオに、渡辺香津美と今村祐司を加えて吹き込まれた極上のアーバン・ファンク・アルバム。リリースはスリー・ブラインド・マイスだから、初めて聴くと、ちょっと意外な音楽が飛び出してくるかもしれません。

とにかく最高で、冒頭のタイトル・トラック「A Green Caterpillar」でのドゥープなベースに浮遊感のあるエレピ、そしてゲストの渡辺香津美のファンキーなギターが絡む様には悶絶必死です。ベスト・トラック。アーバンというところはそれだけモーダルといってもよくて、電化ジャズにありがちなフュージョン・ライクでは全くなくって、かといって黒くもない…やっぱりアーバンといった形容詞が素直に思いつく感じです。トラック 2「Straight Flash」では勢いよく飛ばし、トラック 3「Blue Impulse」は打って変わってアコースティック。トラック 3からはB面で、明らかにA面のエレクトリック路線と対を成しています。ラスト「Spanish Flower」は序盤はスピリチュアルで、鈴までなっちゃうくらい。中盤のベース・ソロから、コルトレーン・ライクなモーダル・ジャズに突入。どれも10分を超える大曲ながら捨て曲一切なしのクオリティには驚愕すること間違いなし。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco