ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

フランク・ライト Frank Wright - Blues For Albert Ayler (1974/2012)

Frank Wright - Blues For Albert Ayler

フランク・ライト・カルテット - ブルーズ・フォー・アルバート・アイラー

Genre:ジャズ
Style:フリー・ジャズ
Recording:1974-7-14
Release:2012
Label:ESP Disk
Benny Wilson (b), Rashied Ali(ds), James Blood Ulmer (g), Frank Wright (ts, fl, vo)

フリー・ジャズ好きならニンマリすること間違いなし、フランク・ライトの怒涛の未発表セッション。時期は名盤「Unity」を録音した約一ヶ月後の1974年7月14日。場所は後に自由な音楽のためのフリー・スペース Ali's Alley になるラシッド・アリの自宅スタジオ。メンバーは「Unity」と重ならず、ドラムにベニー・ウィルソン、ドラムスにラシッド・アリ、そしてギターに若き日のジェイムズ・ブラッド・ウルマー。

作品はタイトル通りフランク・ライトの敬愛するアルバート・アイラー Albert Ayler に捧げられたもので、でもどちらかというとラシッド・アリの参加もあってか、アンサンブルの雰囲気はアイラーというよりはコルトレーンのそれに近い。というのもこのアルバムで核となっているのは間違いなくウルマーのギターで、そのウルマーはこの前年にラシッド・アリと共演しているわけです。そこにフランク・ライトが加わったという見方のほうが自然な文脈だと思います。

Part 1 から 6 まであるセッションのどれもが怒涛のフリーを展開していて、一切の妥協なし。とにかくウルマーのギターが凄まじい。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco