ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

アール・ブリュットの音楽とは アドルフ・ヴェルフリ Adolf Wölfli - The Heavenly Ladder (2011)

Adolf Wölfli - The Heavenly Ladder

アドルフ・ヴェルフリ|ザ・ヘヴンリー・ラッダー

Genre:コンテンポラリー
Style:弦楽、室内楽
Recording:2011
Release:2011
Label:Sub Rosa
Baudouin de Jaer (violin)

アドルフ・ヴェルフリ (1864-1930) は31歳で精神病院に収容され、その生涯を病院で終えたスイスの画家です。画家といっても、ヴェルフリは美術を専門的に学んだ経験はありませんし絵だけではない…作家といったほうがいいでしょうか。彼はアール・ブリュット(アウトサイダー・アート)を代表する作家の一人。現代アートに多大な影響を与えました。

スイスのボーヴィルに生まれたヴェルフリ。7人兄弟でしたが幼い頃に2人は亡くなり、石工の父はアルコール中毒で、生活は貧しさを極めました。家族は離散し、8歳のアドルフは母に連れられべルンの郊外に移住。しかし、まもなく母が亡くなり、別れた父も発狂してその翌年に死亡、10歳の時に里親へ出されます。その後、農場労働者として働き、軍に入隊しますが、児童虐待で有罪判決を受けた後、1895年に今で言う統合失調症を発症。1895年から1930年の死去までベルンのヴァルダウ精神病院でその生涯を過ごします。

ヴェルフリは入院当初から絵を描き始めます。ヴェルフリの表現方法は独創的かつ多彩です。彼は世界を巡る壮大な物語を創作し、色とりどりの挿絵を散りばめました。テキストやドローイング、コラージュが混じり合った空想世界を創造したのです。生涯に作った作品は25,000ページ。45冊の作品に及び、その全てが細部まで細かく描き込まれた密度の濃いものになっています。

この作品は、アドルフ・ヴェルフリが図像に残した楽譜を独自の解釈のもとに、ベルギー人ヴァイオリニスト・作曲家のボドゥアン・ド・ジャエル Baudouin de Jaer が五線譜に書き起こし演奏された美しい音楽集です。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco