ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

フリーの伝統と革新 ノア・ハワード Noah Howard / The Black Ark (1972)

Noah Howard / The Black Ark (1972)

ノア・ハワード - ザ・ブラック・アーク

Genre:ジャズ
Style:フリージャズ
Recording:1969
Release:1972
Label:Freedom
Noah Howard, Norris Jones, Juma, Mohammed Ali, Leslie Waldron, Arthur Doyle, Earl Cross

ノア・ハワードのアルバム「The Black Ark」は、1969年にニューヨークで録音され、1972年にリリースされた重要なフリー・ジャズ作品です。このアルバムには、アーサー・ドイル(テナーサックス)、アール・クロス(トランペット)、レスリー・ウォルドロン(ピアノ)、ノリス・ジョーンズ(ベース)、モハメド・アリ(ドラム)、ジュマ(コンガ)が参加しています。全曲ハワードの自作で、アグレッシブでスピリチュアルな演奏が特徴です。

このアルバムは、アラン・ベイツによって設立されたBlack Lion傘下のレーベルFreedomからリリースされました。1960年代後半から70年代にかけての多様化するジャズシーンに新たな生命力を吹き込んだこのレーベルは、ブラック・ミュージックやロフト・ジャズ、現代ジャズシーンに大きな影響を与えました。「The Black Ark」は、その活力と革新性を象徴する作品となっています。

「The Black Ark」の演奏は、アグレッシブかつパワフルなインタープレイと一貫したアフロ・グルーヴを特徴としています。ドラムやコンガのリズミカルでパーカッシヴなサウンドがスピリチュアリティを感じさせ、ドイルのテナーサックスはフリーキーなブロウが印象的です。クロスのブルージーでアブストラクトなトランペット、ウォルドロンのグルーヴィーなピアノも魅力的で、全体的に60年代ジャズのエッセンスを取り入れながらも独自のスタイルを確立しています。

トラック1「Domiabra」はリズミカルな演奏から徐々に白熱の展開へと進んでいきますが、フリージャズの文法はしっかりと守られています。トラック2「Ole Negro」はソロが交互に受け継がれていく点で、伝統的なジャズの感覚を感じさせます。このトラック・タイトルから連想されるのは、ジョン・コルトレーンと公民権運動です。トラック4「Queen Anne」はブルージーな要素を持つ、小曲としてアルバムの中で特異な存在となっています。

アルバムの白眉はトラック3「Mount Fuji」で、和を感じさせる短いテーマ部に続き、7重奏団の圧巻のインタープレイが展開されます。この楽曲では、ハワードと彼のバンドが、緊密なアンサンブルと自由な即興演奏を融合させ、聴く者を圧倒するパフォーマンスを披露しています。この楽曲のダイナミズムと感情の深さは特筆すべきものであり、アルバム全体のハイライトとなっています。

「Mount Fuji」を含むアルバムのトラックにおいて特徴的なことは、テーマから各パートのソロへと至り、再びテーマに戻るという展開が見られ、伝統的なジャズのイディオムを踏襲していることです。

ハワードのアルトサックスは、情熱的なフレージングからフリーキーな雄叫びまで多様な表現を見せ、バンド全体の演奏を引き締めています。ハワードのアルトと並んで、ドイルのテナー、クロスのトランペットの3管が絡まり合ってはそれぞれのベクトルを描く様は圧巻です。ハワードのアルトサックスは、情熱的でありながら奇抜な表現を駆使し、他のメンバーが自由奔放に演奏する中でも全体をまとめ上げる役割を果たしています。その剛柔の切り換えの的確さやスター性は光り輝いています。

「The Black Ark」は、ブラック・スピリチュアル派フリー・ジャズを示し、荒々しくも豊かな情感を湛えた演奏が堪能できます。混沌としたエネルギーと濃厚な情感が交錯し、聴く者に深い印象を残すこの作品は、フリー・ジャズのエッセンスを心ゆくまで味わうことができるでしょう。録音から数年後の1972年にリリースされたこのアルバムは、フリー・ジャズの中でも特に評価が高く、ハワードの作品の中でも重要な位置を占めています。

このアルバムを聴くことで、当時のジャズシーンの活力と革新性を感じることができます。「The Black Ark」は、ノア・ハワードの革新的な音楽アプローチとその時代のジャズシーンへの貢献を象徴する作品であり、今でもその重要性と影響力は色褪せることがありません。このアルバムは、ジャズという黒人音楽の伝統と革新の模索の上に成り立っていることを実感させてくれます。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればX(旧Twitter)まで。@elenco