ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

ホブソン・ジョルジ & リンコン・オリヴェッチ Robson Jorge & Lincoln Olivetti - s/t (1982)

Robson Jorge & Lincoln Olivetti - s/t

ホブソン・ジョルジ & リンコン・オリヴェッチ

Genre:ブラジル
Style:ソウル、ディスコ、AOR
Release:1982
Label:Som Livre
Robson Jorge, Lincoln Olivetti, Oberdan (as), Reginaldo (vo), Ronaldo (vo), Tony Bizarro (vo), Leo Gandelman (bs), Jamil (b), Paulo Cezar (b), Peninha (per), Mamao (ds), Paulinho Braga (ds), Picolé (ds), Ariovaldo (per, ds), Renato Britto (per), Zé Carlos (ts. vo), Serginho (tb, vo), Bidinho (tp), Marcio Montarroyos (tp)

数々のブラジリアン・アーティストのアレンジやソングライティングを手がけたプロデューサー・チーム、ホブソン・ジョルジ & リンコン・オリヴェッチ。そのコンビが82年にリリースした、アーバンでメロウに洗練された80'sブラジリアン・ブギー、AORが詰まったナイス・アルバムがこれ。全音楽ファンにチェックしてほしい最高の一枚!

とにかくアーバン!メロウ!ホーン・アレンジが気持ちいいトラック 1「Jorgea Corisco」はソロで盛り上がること間違いなし。ブラジリアン・ブギーのトラック 3「Alelula」のハレルヤ・コーラスはアルバム・ハイライトの一つ。トラック 4「Raton」とトラック 9「Zé Piolho」はMPB色、アフロ・ブラジル色が垣間見える小曲。トラック 5「Pret-a-Porter」はアーバンのお手本のような曲。トラック 6「Squash」の変拍子使いとパラララ・コーラスでまたハイライトです。ここまでアップ・テンポ気味だったのがメロウなトラック 7「Eva」でクール・ダウン。スペーシーなディスコのトラック 11「Ginga」もたまりません。

チン・マイア「Disco Club」でも触れましたが、リンコン・オリヴェッチはその長いキャリアの中で、ブラジルを代表する編曲者として、様々な偉大なるアーティストとの共演経験があります。

指揮者、編曲者、プロデューサー、作曲家、鍵盤奏者としてブラジルのディスコ~ポピュラー・ミュージックを支えた故リンコン・オリヴェッチ Lincoln Olivetti が全面的にバックアップ。チンのアイディアを受け止めつつ、自由に音楽的アイディアを加味して、よりチン・マイアのソウル・ミュージックを強烈なサウンドに作り上げた初めてのアレンジャーがリンコンでした。

その顔ぶれはチン・マイア Tim Maiaを筆頭に、マルコス・ヴァーリ Marcos Valle、ジョルジ・ベン Jorge Ben、ジルベルト・ジル Gileberto Gil、ガル・コスタ Gal Costa、リタ・リー Rita Lee、ロベルト・カルロス Roberto Carlos、カエターノ・ヴェローゾ Caetano Veloso、マリア・ベターニア Maria Bethânia、ルル・サントス Lulu Santos …挙げればその凄みがますます伝わってくるほど。ブラジル音楽の深層・真相に食い込んでいたのは確かです。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

ホーンが最高なディスコ・アルバム!チン・マイア Tim Maia - Disco Club (1978)

Tim Maia - Disco Club

チン・マイア|ディスコ・クラブ

Genre:ブラジル、ディスコ
Style:ブラジリアン・ソウル、ディスコ
Release:1978
Label:Atlantic
Jorge Ferreira (as), Sebastião Francisco (as), Aurino Ferreira (bs), Luiz Bezerra (bs), Jamil Joanes (b), Tim Maia (vo, g), Robson Jorge (key, g), Djalma Correa (congas), Sidney Moreira (congas), Paulo Braga (ds), Lincoln Olivetti (key), Ary Piassarolo (g), Henrique Sergio (g), Hyldon de Souza (g), Pedro Anibal (g), Renato Ferreira (g), Juarez Assis (ts), Darcy Seixas (tb), Edmundo Maciel (tb), Darcy da Cruz (tp), Eraldo Reis (tp), Geraldo Expedito (tp)

タイトルもジャケットも最高!内容はもちろん抜群です!チン・マイアがディスコに最接近した1978年作。指揮者、編曲者、プロデューサー、作曲家、鍵盤奏者としてブラジルのディスコ~ポピュラー・ミュージックを支えた故リンコン・オリヴェッチ Lincoln Olivetti が全面的にバックアップ。チンのアイディアを受け止めつつ、自由に音楽的アイディアを加味して、よりチン・マイアのソウル・ミュージックを強烈なサウンドに作り上げた初めてのアレンジャーがリンコンでした。また、この作品はイルドン Hyldon の参加作品としても見逃すことができません。ブラジリアン・ソウルの世界を作り上げた濃いメンツが集結した傑作アルバムです。

A面は Earth, Wind & Fire や Salsoul Orchestra もぶったまげる厚いホーンのアレンジが最高で、ストリングスも流麗なディスコ・ミュージックが収録され、一転、B面はメロウ・ソウルでうっとり。捨て曲なしのマスターピース!

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

NYカルト・ディスコ!バンブルビー・アンリミテッド Bumblebee Unlimited - Sting Like A Bee (1979)

Bumblebee Unlimited - Sting Like A Bee

Bumblebee Unlimited - Sting Like A Bee

Genre:ダンス
Style:NYディスコ、ガラージ、エレクトロニック
Release:1979
Label:RCA Victor
Donna Green, Gregory Carmichael, Joey Badlotto, Leroy Burgess, Steve Camhi

ジャケが最高な一枚。ニューヨーク発カルト・ディスコ名盤。パトリック・アダムス Patrick Adams とグレッグ・カーマイケル Greg Carmichael が仕掛けるスタジオ・ユニット Bumblebee Unlimited が残した唯一の作品で、ハウス、ガラージ方面からだけでなくレア・グルーヴ・ファンからも愛される女王蜂アルバム。Larry Levan のリミックスや DJ Harvey のリエディット、Muro の「Super Disco Breaks」への収録や、サバービア掲載など多方面から愛され続けて40年以上!キュート、というか若干気持ち悪いロボ女性声ボーカルは実はチープに加工されたパトリック・アダムスとグレッグ・カーマイケル達自身というのもいわくつきのアングラ・コズミック・ディスコ。

Universal Robot Band - Dance And Shake Your Tambourine

Universal Robot Band - Dance And Shake Your Tambourine

Genre:ダンス
Style:ディスコ、ガラージ、エレクトロニック
Release:1977
Label:Panther

そのパトリック・アダムスとグレッグ・カーマイケルの最高傑作といえば、これ。問答無用のポップ・チューン古典。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco