ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

内側へ閉じていく Godspeed You! Black Emperor - Lift Yr. Skinny Fists Like Antennas To Heaven! (2000)

ゴッドスピード・ユー・ブラック・エンペラー|リフト・ユア・スキニーフィスツ・ライク・アンテナズ・トゥ・ヘヴン

Genre:ロック
Style:ポスト・ロック、シューゲイズ
Recording:2000
Release:2000
Label:Constellation

カナダのポスト・ロック・バンド、2000年作。シューゲイズっていう呼称が確かまだ出回ってなくって、ポスト・ロックっていう風に括っちゃうのもなんだよね、と思っていたような気がします。というのも、当時ポスト・ロックっていうとシカゴ勢とニア・イコールなニュアンスがあったので、どちらかというと先にブレイクしていたモグワイ Mogwai なんかに近いよね、と思っていたと。

ギターの轟音、希薄なコード進行、それにコラージュされた物語の断片たち。昇っていったかと思うと舞い降りてくるドラマツルギー。自己陶酔的な酩酊。喪失感、寂寞、空虚。高揚感、カタルシス。感覚としては個としてのオーガニズムに収斂して、内側へ閉じていく感じ。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

切なさいっぱい宅録コラージュ・サイケ ビル・ホルト Bill Holt - Dreamies (1973)

Bill Holt - Dreamies (1973)

ビル・ホルト|ドリーミーズ

Genre:エクスペリメンタル
Style:コラージュ、サイケデリック・フォーク、宅録
Recording:1973
Release:1973
Label:Stone Theatre Productions
Bill Halt

'05年のMOJO誌の「Top 50 Most Out: There Albums of All Time」で37位にセレクトされた電子音楽フォークの逸品。ヤン富田の推薦盤でもあるらしく。確かに知覚の扉をノックしてくるんですが、それだけで済まないのは、彼の歌がとても哀愁あるメロディーで繰り返されて(それも執拗なまでに)、それとエクスペリメンタルなコラージュとのギャップが非常に美しいのです。

宅録だけだったらこういうことやってませんでした?私は10代の頃、TASCAMの4チャンネルMTRで色んな音源と自分の歌をミックスして楽しんでました。といっても今から50年前のこのアルバムと比べるわけにはいかないのですが、でも、たぶんこの切ないメロディーやポリティカルなメッセージを凝縮したコラージュとは別に、ここにはビル・ホルト自身の楽しみがいっぱい詰まってる気がするんですね。

ところで、潔いくらいビートルズ(ジョン・レノン)の「Revolution No. 9」からの影響を隠さないので、タイトルはずばり

  1. Program Ten
  2. Program Eleven

そういうところも好きな作品です。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

King Crimson - Live At Summit Studios Denver, 12 Mar 1972 (Collectors Club 9, 2000)

King Crimson - Live At Summit Studios Denver, 12 Mar 1972 (Collectors Club 9, 2000)

キング・クリムゾン|ライブ・アット・サミット・スタジオ・デンヴァー 1972

Genre:ロック
Style:プログレッシヴ・ロック、アート・ロック
Recording:1972/3/12
Release:2000
Boz Burrell, Ian Wallace, Mel Collins, Robert Fripp

Earthbound」と同時期のスタジオ・ライブ。コロラド州デンバーにあるサミット・スタジオでラジオ番組用に収録。それだけに「Earthbound」とは打って変わって音質は極上で、代表曲のトラック 4「21st Century Schizoidman」は破壊力が少々物足りないものの、総じてオススメできるライブ盤。

トラック 8「The Creator Has A Master Plan (including Improv: Summit & Something Else)」はファラオ・サンダース Pharoah Sanders の曲をモチーフにした即興、というかジャム・セッション。

27枚組ボックスセット「Sailors' Tales」のCD17でもミックス違いの音源を聴くことができます。クリムゾンのアルバム、特にライブ盤は間歇的に無性に聴きたくなるのであります。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

オーストラリア産ヘヴィ・サイケ Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs - Feed The Rats (2017)

Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs - Feed The Rats (2017)

Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs Pigs - Feed The Rats

Genre:ロック
Style:ヘヴィ・サイケ、ドゥーム
Release:2017
Label:Rocket Recordings

オーストラリアのヘヴィ・サイケ・バンドのファースト。サイケというよりもむしろサバス・チルドレンと言い切ってしまってよくて、Black Sabbath 直系というより Cathedral のトランス・ライクなヘヴィネスを経由しているように感じられ、その方向性は、奇しくも Electric Wizard の最新作で聞けるものにかなり近接しています。

Electric Wizard - Wizard Bloody Wizard

Electric Wizard - Wizard Bloody Wizard

Genre:ロック
Style:ドゥーム、ストーナー
Recording:2016-2017
Release:2017
Label:Spinefarm Records/Witchfinder Records

エレクトリック・ウィザードの2017年作。タイトルは勿論サバスのアルバムからの引用。

Black Sabbath - Sabbath Bloody Sabbath

Black Sabbath - Sabbath Bloody Sabbath

Genre:ロック
Style:ブリティッシュ、ハード・ロック
Release:1973
Label:WWA Records

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco

Beaches - Second of Spring (2017)

Beaches - Second of Spring (2017)

ビーチズ|セカンド・オブ・スプリング

Genre:ロック
Style:ヘヴィ・サイケデリック、シューゲイズ
Recording:
Release:2017
Label:Chapter Music

ミニマルなコード展開の上をリバーブとファズがガンガンに効いたギターがたゆたうヘヴィ・サイケの手法は、単純化すれば20世紀末に(まだシューゲイズという言葉が出回っていなかった)、Ride や My Bloody Valentine が真剣に、Stereolab が軽やかに、日本であれば Acid Mothers Temple がパロディとして再演した Neu! であったり Amon Duul であったり Grateful Dead らに再発見できます。そうであるがゆえに、それ以上の更新を果たさなければサイケ史の渦に簡単に飲み込まれてしまって、跡形も残ることはないでしょう。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco