ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

エレピとヴァイブがもはやレア・グルーヴ!ミハエル・ナウラ Michael Naura - Call (1971)

Michael Naura - Call (1971)

Michael Naura Quartett - Call

Genre:ジャズ
Style:モーダル
Recording:1971
Release:1971
Label:MPS
Michael Naura (ep), Eberhard Weber (b), Wolfgang Schluter (vb), Joe Nay (ds)

前作「European Jazz Sound」から8年の時を経てドイツの名門MPSから発表された2ndアルバム。ミハエル・ナウラと言ったらデビュー作かこの2ndを挙げる人が多いハズ。

MPSからのリリースということと、このジャケで、聴かずともなんだかただならぬ内容であることがなんとなく伝わってくるはず。1stと同じようにウルフガング・シュルター Wolfgang Schluter のヴァイブが全体をリードし、エヴァーハルト・ウェーバー Eberhard Weber のベースは唸りまくり、ジョー・ネイのシンバルが鳴りまくる。もう新主流派も通過しちゃったもんね、電化もしちゃってるもんね、といったエレピ一辺倒のナウラが要所要所でバシッと引き締めてくれる感じが気持ちいい。欧州の憂いを帯びながらどこかエキゾチックな不思議サウンド。

エレピ・ジャズの大傑作!

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco