ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

現在進行形ジャズ特選盤 Sebastian Spanache Trio - A Pasha's Abstinence (2014)

Sebastian Spanache Trio - A Pasha's Abstinence (2014)

Sebastian Spanache Trio - A Pasha's Abstinence

Genre:ジャズ
Style:コンテンポラリー・ジャズ
Recording:2014
Release:2014
Label:Fiver House Records
Sebastian Spanache (p, rd), Csaba Santa (b), Radu Pieloiu (ds), Joanna Kucharczyk (vo), George Dumitriu (g), Alex Simu (cl), Berti Barbera (per)

ルーマニアで2011年に結成されたピアノ・トリオの2nd。2013年の1stアルバムでフェンダー・ローズのコンテンポラリー・ピアノ・トリオを聴かせて度肝を抜いてくれましたが、本作はその延長にありながら、更にボーカル・トラックやギターとのクァルテット、ソプラノ・クラリネットとのクァルテット、弦楽四重奏とのコラボレーションなどデビュー作を大きく前進させた作りとなっています。

特徴的なのは、日本での知名度の低さ!というのが音楽的な部分以外ではあって、検索しても日本語ページがディスク・ユニオンくらいしか見つからない現状です。もう3枚アルバムを出しているので、もう少し認知があってもいいのかなと思います。そのほうがアルバムが手に入りやすくなるので。

さて、音楽的に特徴的なのは北欧ジャズのリリカルな印象だけでなく、グルーヴへの執着と大作志向、それと既存のピアノ・トリオの枠に囚われない楽器編成です。

特にグルーヴと大作志向は結合していて、例えばアヴィシャイ・コーエン Avishai Cohen の名前を上げるのが手っ取り早いかと。キーになるトラックはどれも8分~14分あって、そのどれもが情緒に流されることなく常にメロディが跳ね続ける余地をグルーヴが作り出します。それをフェンダー・ローズでやってくれるんだからたまらないわけです。

Joanna Kucharczyk のアンニュイなボーカルがとても心地よい「SIxty Five」。George Dumitriu のギターとの共演「Smoke And Mirrors」はカート・ローゼンウィンケル Kurt Rosenwinkel にも引けを取りません。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco