ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

美しきジョン・ケージの音世界 The Beautiful World of John Cage

最終更新日:2020-03-05

ジョン・ケージ John Cage という名前を聞くと多くの人が、奇抜な発想で20世紀音楽をアメリカから牽引したというイメージを思い浮かべるのではないでしょうか。4分33秒しかり。たしかにそういう面もありますよね。でもそれだけじゃないんです。ジョン・ケージという人の音楽はとても美しい側面があります。その美しさを味わうためのアルバム選をここでは不定期に更新していきます。

Stephen Drury - John Cage: In A Landscape

Stephen Drury - John Cage: In A Landscape

Genre:現代音楽
Style:ピアノ作品集
Recording:1993 - 1994
Release:1994
Label:Catalyst

スティーヴン・ドゥルーリー(ピアノ)による鉄板アルバム。ケージ史上最高に美しいイン・ア・ランドスケープから始まり、マルセル・デュシャンのための音楽、スーヴェニアー、季節外れのヴァレンタイン、バッカナール、トイ・ピアノのための組曲、瞑想のための前奏曲、夢、とケージの美しさを表現するために構成・演奏されたとしか思えない作品集。

Steffen Schleiermacher - John Cage: Complete Piano Music Vol. 8 - Hommage à Satie

Steffen Schleiermacher - John Cage: Complete Piano Music Vol. 8 - Hommage à Satie

Genre:現代音楽
Style:ピアノ作品集
Release:2002
Label:Musikproduktion Dabringhaus Und Grimm

スティーヴン・ドゥルーリーの前述アルバムを出したからにはこちらもご紹介。ケージのピアノ作品全集を吹き込んだシュテッフェン・シュライエルマッハー演奏によるピアノ曲集。エリック・サティへのオマージュという視点でコンパイルされているようです。「イン・ア・ランドスケープ」や「トイ・ピアノのための組曲」「夢」などに加えて、こちらには「チープ・イミテーション」が収録されています。「チープ・イミテーション」はサティの「ソクラテス」を編曲しようとして版権の許可が降りなかったため、コンピューターなどで複雑に再構築したというケージの代表作。

John Cage - 龍安寺

John Cage - Ryoanji 龍安寺

Genre:現代音楽
Style:アンサンブル
Recording:1995
Release:1996
Label:hat ART
Robert Black, Eberhard Blum, Iven Hausmann, Gudrun Rescheke, John Patrick Thomas, Jan Wiiliams

ケージが1962年に訪れた龍安寺の石庭。そのインプレッションを音楽にした作品がこの「Ryoanji 龍安寺」。おそらく想像以上の日本的な音像に驚かされます。チャンス・オペレーションが作り出す・由来する音響が東洋的であったことを考えても、龍安寺石庭ときてこの雅楽的な響きはあまりにもできすぎではないか、なんて。このアルバムでの編成はコントラバス、フルート、トロンボーン、オーボエ、ボイス、パーカッションのアンサンブル。

Joëlle Léandre, 若尾久美|龍安寺 - John Cage Concert in Hiroshima

龍安寺 - John Cage Concert in Hiroshima

Genre:現代音楽
Style:デュオ
Recording:1998
Release:1999
Label:Mesostics
Joëlle Léandre (b, voice), 若尾久美 (p, per)

hat Art の室内楽版の「龍安寺」に続いては、ジョエル・レアンドルと若尾久美さんのデュオによる「龍安寺」。その他に「夢」など白昼夢的な楽曲を収録。

John Cage - Melodies & Harmonies

John Cage - Melodies & Harmonies

Genre:現代音楽
Style:デュオ
Recording:2009
Release:2010
Label:col legno
Annelie Gahl (vln), Klaus Lang (fr)

フェンダー・ローズにヴァイオリンのデュオというジョン・ケージ音楽における奇跡的邂逅。涙ちょちょぎれます。

John Cage's two cycles Six Melodies (1950) & Thirteen Harmonies (1985), interwoven
John Cage - 44 Harmonies From Apartment House 1776, Cheap Imitation

John Cage - 44 Harmonies From Apartment House 1776, Cheap Imitation

Genre:現代音楽
Style:弦楽四重奏
Recording:1999 - 2000
Release:2005
Label:Mode
Irvine Arditti, Arditti String Quartet

現代音楽の演奏史にその名を刻むアルデッティ弦楽四重奏団のアンサンブル。ケージの連作である「Apartment House 1776」(1976年にボストン国際現代音楽協会50周年記念祭の一環としてニューヨークで初演)から44のハーモニーをアーヴァイン・アルディッティによる編曲で。また前述のアルバムにも収録されているマース・カニングハムのための「チープ・イミテーション」も収録。こちらはヴァイオリン独奏版。素晴らしい2枚組アルバム。

Girolamo Frescobaldi, John Cage - Anarchic Harmonies

Genre:現代音楽
Style:デュオ
Recording:2001
Release:2002
Label:WERGO
Stefan Hussong, Mike Svoboda

前述の「44ハーモニー」とフレスコバルディの作曲を並べる試み。フレスコバルディは、現代音楽ではおなじみのアコーディオン奏者ステファン・フッソングと、トローンボーンのマイク・スヴォボダによる二重奏。ケージ「44ハーモニー」はフッソングの独奏。あまりの美しさに溜め息が出るほど。無秩序のハーモニー。

Teodoro Anzellotti - John Cage: Cheap Imitation

Teodoro Anzellotti - John Cage: Cheap Imitation

Genre:現代音楽
Style:アコーディオン独奏
Release:2003
Label:Winter & Winter
Teodoro Anzellotti

ステファン・フッソングのアルバムに続いては、やはりアコーディオンでテオドロ・アンゼロッティ。独奏でケージの「チープ・イミテーション」を聴かせてくれます。レーベルは Winter & Winter。同レーベルからリリースされているサティ作品集も要チェック。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco