ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

夭折の砂漠の妖精 アデル・セバスチャン Adele Sebastian - Desert Fairy Princess (1981)

Adele Sebastian - Desert Fairy Princess (1981)

アデル・セバスチャン - デザート・フェアリー・プリンセス

Genre:ジャズ
Style:スピリチュアル・ジャズ、ブラック・ジャズ
Recording:1981
Release:1983
Label:Nimbus West Records
Adele Sebastian (vo, fl), Roberto Miranda (b), Billy Higgins (ds), Rickey Kelley (mb), Daude Woods (per), Bobby West (p)

今となっては名門ブラック・ジャズ・レーベルとしてその名を知られている Nimbus West からの最初にして最後のリーダー作。ホレス・タプスコット Horace Tapscott 率いるPAPA=Pan Afrikan Peoples Archestra の一員であったフルート奏者、アデル・セバスチャン。27歳という若さで夭折。伝説的な一枚を残してこの世を去ったブラック・ジャズの妖精だったといえましょうか。

PAPAの持ち曲でもあるタイトル・トラック、ボビー・ウェストのピアノとリッキー・ケリーのマリンバの掛け合いが非常に美しい「Belize」、アデルのフルートが愛らしい「I Felt Spring」「Day Dreamer」、マッコイ・タイナー作「Man From Tanganyika」での気持ち良いパーカッションとフルート、ラスト「Prayer For The People」を締めくくるのは彼女の歌。捨て曲なしの38分間。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco