ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

これぞ20年代現行ポップ!テーム・インパラ Tame Impala - The Slow Rush (2020)

Tame Impala - The Slow Rush (2020)

Tame Impala - The Slow Rush

Genre:ロック、ポップス
Style:サイケデリック
Release:2020
Label:Island Records, Interscope Records, Fiction Records, Caroline International

Kevin Parker ケヴィン・パーカーを中心とするオーストラリアはパース出身のロック・バンドの4thアルバム。00年代後半にデビュー、10年代にグラミー賞ノミネートまで果たし、フェスのトリを務めるなど大きく躍進。Rihanna や A$AP Rocky など幅広い親交の先に、R&Bやディスコ、エレクトロニック、ヒップ・ホップまで飲み込み、サイケデリックに囚われない進化を遂げ、ここに20年代型ポップが提示されました(これはバンドの指向というよりもケヴィン・パーカーの音楽的嗜好が色濃く現れた感じです)。

このアルバムからダイレクトに伝わってくるのは、10年代のポップスの一つの完成形であるダフト・パンクの「ランダム・アクセス・メモリーズ」を昇華して20年代型に仕立て上げたということ。10年代の締めくくりであり、20年代の始まりにも相応しい一大傑作。

Daft Punk - Random Access Memories

Daft Punk - Random Access Memories

Genre:エレクトリック
Style:ディスコ、シンセ・ポップ
Release:2013
Label:Columbia

10年代傑作ポップ・アルバム、ダフト・パンクの「ランダム・アクセス・メモリーズ」を受け継いでいること間違いなし。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco