ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

3度も録音!ジョージ・ラッセル George Russell - Electronic Sonata for Souls Loved by Nature (1967, 1968, 1980)

George Russell - The Essence of George Russell

ジョージ・ラッセル|ジ・エッセンス・オブ・ジョージ・ラッセル

Genre:ジャズ
Style:ビッグ・バンド、アヴァンギャルド、ユーロ・ジャズ
Recording:1966-67
Release:1971
Label:Sonet
Arne Domnérus (as, cl), Erik Nilsson (bs, bcl), Arild Andersen (b), Georg Riedel (b), Sabu Martinez (congas), Egil Johansen (ds), Jon Christensen (ds), Terje Rypdahl (g), Rune Gustafsson (g), Bengt Hallberg (p), George Russell (p), Jan Garbarek (ts), Claes Rosendahl (ts, fl, ss, as), Lennart Åberg (ts, ss, fl), Bertil Lövgren (tp), Jan Allan (tp), Lars Samuelsson (tp), Maffy Falay (tp), Stanton Davis (tp, fh), Berndt Egerbladh (vib)

次回は、ジョージ・ラッセルの「Electronic Sonata for Souls Loved by Nature」をご紹介します。お楽しみに!

George Russell - Electronic Sonata for Souls Loved by Nature 1968

ジョージ・ラッセル|エレクトリック・ソナタ・フォーソウルズ・ラヴド・バイ・ネイチャー 1968

Genre:ジャズ
Style:モーダル、アヴァンギャルド、ユーロ・ジャズ
Recording:1968
Release:1971
Label:Flying Dutchman
Red Mitchell (b), Jon Christensen (ds), Terje Rypdal (g), George Russell (p), Jan Garbarek (ts), Manfred Schoof (tp)

おそらくこの1968年盤がエレクトリック~として人口に膾炙していると思われます。実際、英語版のウィキベディアにはこれが1stバージョンで、1980年版が2ndバージョンとなっています。ともかく、ビッグ・バンド編成だった1967年盤よりもエレクトリック~の骨格を掴みやすくなっています。

それにしてもメンバーが豪華で、後のユーロ・ジャズのビッグ・ネームがずらり。テナーにヤン・ガルバレク、トランペットにマンフレッド・ショーフ、エレクトリック・ギターにテリエ・リピダル、ベースはレッド・ミッチェルで、ドラムにヨン・クリステンセン。ヤン・ガルバレクとテリエ・リピダル、ヨン・クリステンセンは1967年盤にも参加していたところから、引き続き参加をリクエストされたのだと思われます。

George Russell - Electronic Sonata for Souls Loved by Nature 1980

ジョージ・ラッセル・セクステット|エレクトリック・ソナタ・フォーソウルズ・ラヴド・バイ・ネイチャー 1980

Genre:ジャズ
Style:モーダル、アヴァンギャルド
Recording:1980
Release:1980
Label:J.-F. Jenny-Clark (b), Victor Comer (g), Keith Copeland (per), George Russell (p, og), Robert Moore (ts, ss), Lew Soloff (tp)

80年盤は3つの盤の中で最もグルーヴィーで、ベースとドラムのノリが明らかにいいです。実験性という意味では同一線上にあっても、静と動のダイナミズム、振り幅が大きい。リードであるロバート・ムーアのサックスとルー・ソロフのトランペットも手数の多いように感じます。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco