ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

過渡期のマニュエル・ゲッチング アシュ・ラ・テンペル Ash Ra Tempel - Schwingungen (1972)

Ash Ra Tempel - Schwingungen

アシュ・ラ・テンペル|振動

Genre:プログレッシブ・ロック
Style:クラウトロック、サイケデリック・ロック
Release:1972
Label:Ohr
Wolfgang Müller (ds, vib), Matthias Wehler (as), Uli Popp (bongos), John L. (vo), Hartmut 'Indra Rogér' Enke (g, b), Manuel Göttsching (g, org)

クラウス・シュルツ Klaus Schulze が脱退したアシュ・ラ・テンペルの2ndアルバム。1stの暴虐性はそのままに、静と動が同居し、反復や実験性といったこれからのマニュエル・ゲッチングのギター・サウンドの萌芽が伺えます。その様が、クラウトロックという枠組みを超えはじめ、広くサイケデリック・サウンドを体現するようになってきた、いわば過渡期のマニュエル・ゲッチングと言えますね。この浮遊感とトリップ感、どこかブルージーなサウンドはこの時期ならでは。過渡期とは素晴らしいアルバムが誕生する瞬間でもあるのですね。よく初期ピンク・フロイド Pink Floyd が引き合いに出されますが、例えばエンブリオ Embryo とカン Can のハイブリッド的存在として捉えても面白いかもと思うのです。

邦題は「振動」。アルバムは大きく2部構成で、前半部の「Light And Darkness」と後半部の「Schwingungen」。アンビエントな静だけを楽しみたいのであれば、「Schwingungen」。ただ、このアルバムのハイライトは「Light And Darkness」の「Darkness」にあたるトラック 2。ゲッチングが残したサイケデリック・ギター・ワールド・オブ・クラウトロック。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco