ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

アーロン・パークス Aaron Parks - Invisible Cinema (2008)

Aaron Parks - Invisible Cinema (2008)

アーロン・パークス|インビジブル・シネマ

Genre:ジャズ
Style:コンテンポラリー、ピアノ=ギター・カルテット
Recording:2008
Release:2008
Label:Blue Note
Aaron Parks (p), Mike Moreno (g), Matt Penman (b), Eric Harland (ds)

1983年生まれ、若干16歳でデビューしたアーロン・パークスのメジャー、というかブルー・ノート移籍後の第一作。NYミレニアム世代の代表格。このアルバム、通算5作目にしてまだ24, 5歳とだったというから神童というのはこういう人を指すんでしょうか。

アルバム通してマイク・モレーノのギターとの相性が抜群で、特にトラック 2「Peaceful Warrior」のビル・フリゼールのような浮遊するギターから4分台で一転、ロック寄りのギターとピアノのスリリングな掛け合いになるところは見事で、個人的にベスト・トラック。

また、トラック 3「Nemesis」の果てしなく広がっていく感じはレディオヘッド世代、もしくはレディオヘッド通過後のジャズ。トラック 4「Riddle Me This」はニルヴァーナのカバーじゃないんですか。

ピアノ・トリオでの演奏になるとどうもブラッド・メルドーからの影響が見えてきてしまって、本質的にまだオリジナリティを開花させていない印象ですが、それとアルバムの出来映えは関係のないところで、十分に00年代NYジャズを代表するクオリティといえるのではないでしょうか。

Jazz The New Chapter 掲載盤。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco