ジャズの名盤・名作をご紹介

ジャズの名盤探検隊

ロイド・マクニール Lloyd McNeill - Washington Suite (1970)

Lloyd McNeill - Washington Suite (1970)

ロイド・マクニール - ワシントン・スイート

Genre:ジャズ
Style:ブラック・ジャズ
Recording:1970
Release:1970
Label:ASHA Recording
Marshall Hawkins (b), Keneth Pasmanick (bassoon), William Huntington (cl), Eric Gravatt (ds), Eugene Rush (ep), Lloyd McNeill (fl), Orrin Olson (fh), Andrew White (oboe)

ワシントンD.C.を拠点に活動したロイド・マクニール。エリック・ドルフィー Eric Dolphy やムラトゥ・アスタトゥケ Mulatu Astatke との共演経験があり、フルート奏者としての顔のほかに画家や詩人としての顔を持つマルチ芸術家。本作は自身のレーベルからリリースした3枚目のアルバムで、地元ワシントンのバレエ・カンパニーのために書き下ろした作品。ブラック・ジャズからレア・グルーヴ方面まで幅広く支持される人気盤で、収録された6曲全てが名曲というモンスター・アルバム。

エリック・グラヴァットのドラムとマーシャル・ホーキンズのベース、ユージン・ラッシュのエレピの上をロイド・マクニールのフルートが揺蕩うチェンバーな編成で、イージー・リスニングやサウンドトラックをスピリチュアルに再構築したようなサウンドスケープに仕立ています。美しくアブストラクト、理知的でダウナーなサウンドはブリティッシュ・ジャズに通じるところもあるのでは。

トラック 1「Home Rule」はクラブ・サイドからも絶大な支持を得ているであろうダウナー・ジャズ・ファンクの名曲中の名曲。8ビートに乗っかるうねるベースが強力な原動力となり、モーダルなエレピが全体のサウンドを引き締める。ロイド・マクニールのテーマともソロともつかないフレーズが実にミステリアスでドラマティック。圧巻は16分33秒に及ぶトラック 5「City Tryptych」。パートごとの構成と即興が非常に見事で、かつ、特筆したいのは90年代後半にシカゴ音響派が提示したような音像がここにすでにあるということで、それはドラムの妙によるところが大きい。ドラムスのエリック・グラヴァットはバイヤード・ランカスター Byard Lancaster やバイロン・モリス Byron Morris 関連の人物。

@ 管理人
Webデベロッパー
ジャズやブラジル音楽が好きです。ふーん、これはジャズなのか、という名盤から、うん、これはジャズじゃないね、という名盤まで。ご意見・ご感想などがあればTwitterまで。@elenco